Freeat

広告で価値ある余剰食品を無料に

チーム組成
コンセプトワーク
プロトタイプ開発
市場検証
売却/終了

ABOUT

なにをやるのか

コンビニなどの小売業で発生する食品廃棄削減を実現します。このサービス上で企業が広告出稿することで、それを視聴した一般消費者が小売店などで発生する廃棄期限間近の商品を無料で得ることができるようにします。
また店舗側の売上減・損失の課題も解決する3サイドプラットフォームの創出の実証実験を行います。
Model
クリックすると別タブで画像が開きます
なぜやるのか
日常的に廃棄されてしまう余剰食品を、必要としている人へ届ける

過去の原体験から、飲食店や仕事の現場で毎日大量に食品が廃棄されている「フードロス」の実情に対して衝撃と悔しさを持ち続けていました。昨今、サステナブルな価値観が大きな潮流となる中、この問題を解決するため、Freeatを立ち上げました。

だれがやるのか
Founder

ファウンダー : 古嶋 遼

芸能事務所でマネジメント経験後、IT企業にて広報・マーケティング業務に従事。本業とは全く関連がないプロジェクトで、かつスタートアップは未経験ですが、確かな熱意を持って今回挑戦します。

TEAM

プロジェクトチーム

プロジェクトメンバー

プロジェクト深く共感し、時間を確保しながらコミットしている方々です。
古嶋 遼
ファウンダー
芸能事務所でマネジメント経験後、IT企業にて広報・マーケティング業務に従事。本業とは全く関連がないプロジェクトで、かつスタートアップは未経験ですが、確かな熱意を持って今回挑戦します。
綿貫 麻衣香
メンバー
普段は物流コンサルとして改善や事業開発等に従事。過去には途上国で経済開発に関わり、余剰作物や食品ロスに対して意識も高まりました。日本のフードロスの現状に驚き「何とかしたい!」の思いを形にするため参画します。
是枝 志穏
メンバー
人材系企業の営業を経て、昨年の12月に起業。同プロジェクトへの共感はもちろん、自分の成長も見据え、全力で取り組んでいきたいと思います。父がインドネシア・バリ島出身。身長186cm。

アドバイザー

業界特有の知見を有していたり、各種専門性を有している方々です。
アドバイザーは現在いません。

サポーター

プロジェクトに深く共感し、拡散・紹介・知見の共有等のサポートをする方々です。
上野 竜空
サポーター
普段は、都内の大学に在学している傍ら、学外団体を運営。何回もフードロスの現場を見て、行動する必要性を感じていた所、Freeatに出会う。ファウンダーの考えに深く共感、参画を決意する。結果を残せるよう、全力で取り組んでいきたいと思います。
米谷 知史
サポーター
飲食業に携わってきた経験により日本の伝統的食文化である『和食』存続の危機を感じていましたが、コロナにより飲食業全体が危機に直面しています。Freeatの活動を通じて少しでも飲食業界に恩返しが出来ればと願っております。
みかん
サポーター
起業準備中。コロナ後の世界、食糧危機の可能性も有るとも聞き、何かしなければならない?!と思っていた所Freeatに出会い参加しました。
ふーみん
サポーター
大学生、以前からフードロス問題に興味を持っていた所にこのFreeatに出会い、参加を決めました。
茅野 早希
サポーター
サーキュラーエコノミー推進に興味があり自分に何か出来ることはないかを探していた時に出会ったプロジェクト。世の中からもったいないをなくすべく尽力します。
濱田 健太郎
サポーター
現在大学4年生。父親が都内でセブンイレブンを3店舗経営。そのコンビニで2年間、レストランで1年半のアルバイト経験の中で食品ロスの現状を目の当たりにし問題意識を持つようになりました。その中でFreeatに出会い、今回参画を決意しました。
森本 雄大
サポーター
学生時代のバイトでの食品の廃棄経験から始まり、食の不平等/不公平に対する違和感を覚えていました。誰も解決できていない、根深い問題であるフードロスを可能な限り削減し、少しでも食の最適分配を達成するべくFreeatへの参画を決意しました。

お問い合わせ

CONTACT

サービスやプロジェクトについての
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ