閉じる
takaosun

takaosun

  • 東京都
  • 2件のプロジェクトファウンダー
スキル
  • 新規事業企画
  • 新規営業(アウトバウンド)
  • 事業戦略
  • 新規営業(インバウンド)
  • 事業推進
  • 営業資料作成
  • 予算計画
  • 新規事業経験あり
興味関心
  • プロダクトを作りたい
  • 創業チームを見つけたい
  • 社会課題を解決したい
  • 本業で新規事業を創りたい
現所属先では「戦略設計・営業企画推進・サービス設計開発・PJT.推進・数値設計監理・予実管理」における事業統括ポジションにて、大手広告代理店を介さず、

○ ナショナルクライアントである大手ビールメーカー複数社に対し、リアルとデジタルを融合したプロモーション
○ デベロッパー(独立系・財閥系)に対し、総合商業施設の利益改善のためのサービス
○ 独立系大手流通グループ(日経売上高10位・小売業トップ)の総合商業施設及び、全国展開を予定している“ 共創体験型 ”野外施設PJT.のコンサルティングとフードプロデュース
○ 商業アミューズメント施設(国内432・世界840)のリニューアルプロモーション(「地域創生」「SDGs」「エシカル」「サステナブル」テーマ)の企画設計とPJT.推進

を設計・開発・提案・獲得。
その他、

事業フィールドを問わず多岐に渡る業界で、汎用性の高い「営業企画・営業推進」を自身の強みに、「社内外問わず周りは全員顧客」「課題は自分事」「応えることは当然。上回り続けるには」と活動し続け、
現所属先では、事業統括ポジションにて「戦略設計・営業企画推進・サービス設計開発・PJT.推進・数値監理設計・予実管理」を担当しています。
○ ナショナル食品メーカー+ドラッグストアチェーン+全国自治体「セミナー+イベント+流通+メディア+フードプロデュース」設計・企画・進行。
○ 商社系SCのプロモーション及び推進販売
○ 財閥系百貨店で「食」を軸にした収益構造の変革改善モデルの構築。
○ 介護・事業食・調理学校を主とする地方企業の収益構造の変革改善モデルの構築。

○「プロスポーツクラブ(J7)+映像配信+デジタルマーケティング+食品・飲料メーカー=地域振興」PJT.
○ フードフェスの広報企画や、 外食企業・外食店舗・ナイトクラブのセールスプランニング。
○「遊休不動産+生産者+料理人+学生+シルバー人材+シングルマザー」での" フードロス解消解決型 "フードプロデュース。
○「事業承継」におけるサービス開発(カスタマーサクセス+事業プロデュース)
○「超高齢化・ワーキングプア・労働力不足・空き家・空き店舗・過疎化」をリアル+デジタルで連動相乗的に解消解決するPJT.
○「" 新ジャンル "焼酎」と「ランク外端肉・未利用魚・規格外野菜」を利活用した『JAPAN』ブランドでのプロダクト開発・流通経路構築・海外流通促進。

など、生産者から企業・店舗、大学・自治体を巻き込み、共創しながら、
産業・商業・観光の再起動と、消費・雇用への経済波及効果を創出する複数のリアル+デジタルでの構造設計と企画開発を進めております。
経験してきたこと

○フランチャイザーでの 加盟開拓・出店開発において、配属初年度の20代半ばで、単独売上1億円を達成。
○キー局や映画製作会社の 作品の企画・構成・脚色・演出。興行のシリーズ化と協賛営業。
○外食企業で エリアマーケティング、コンセプトリメイク、オペレーション構築含む、大型店舗の立ち上げ、立て直し。
○J.LEAGUE クラブの ケータリングサービスやキッチンカーを含むオフィシャルレストランの立ち上げ。
○ウェディングのリーディングカンパニーでは 1.000坪の立ち上げと支配人業務。
○業界課題の解消解決を目的に国内シェアトップの特許技術保有企業との協業関係を構築。

この先やってみたいこと

より多くの人の生活と社会を良くし続けることに役立てられる力があるなら、公私ともに自身が属するまわりの誰かのため、パートナークライアントだけでなく、より多くの人の生活と社会を良くすることに尽力する。モノを売るため、モノづくりを始めとする「経済活動」を支えるため、モノ同士を組み合わせたり、体験・体感できるコトをつくり、モノもコトも売る。業界を問わず、「地域(人文・自然・特産的)資源」を利活用する仕組みを設計する。『3BL - profit・planet・people』を事業価値の最大化に着実に繋げ、圧倒的な売上と利益を創出し、還元・循環させていくことで社会経済の発展に貢献する。

自分の好きなこと・得意なこと

「なんといっても仕事が好き」「いろいろな人と繋がり、起ち上げ、興すことが好き」
これまで臨んできた課題や問題は本当に様々で、違えば違うほど、あらゆる解消解決手段が必要となり、その設計と推進に熱量が上がります。